Vegetable Smile ベジタブルスマイル
静岡市葵区呉服町のVegetable Smile ベジタブルスマイルではスーパーフードやローフード/リビングフードを上手に活用する工夫や術を楽しく学んで頂けるスクール&キッチンスタジオです

季節の変わり目

そろそろ季節の変わり目になるそんな時期ですね。

無理をしないで、体調にはお気を付けくださいね。

今日は皆さまに、「痩せ菌」についてご紹介させていただこうと思います。

「痩せ菌」って聞いて何が浮かびましたか?

私も以前は、かなりジャンキーなお食事ばかりだった食生活をしていました。(今思い出すと信じられませんが・・・)

そのため、身体は重いし、やる気も出ないし、ダラダラとそんな生活をしていました。

ローフードと出会ってから今現在はお食事法を限定しないで、スーパーフードを摂り入れながら、菜食中心の身体に毒素を取り込まない「クリーン・イーティング」を、美味しく楽しみながら生活しています。

ローフードに出逢い、腸内細菌のバランスを整えようと楽しみながら「クリーン・イーティング」を早いもので10年以上続けているおかげで、痩せ体質になったようです。

そんな私のお気に入りの5つをご紹介しますね!

1. ローカカオなどのスーパーフード

スーパーフードの中でも、ローカカオはよく食べています。

これらはポリフェノールの含有量が多く、プレバイオティクス(善玉菌を増やす食物成分)の働きをすると言われています。

2. 無塩グラスフェッドバター

グラスフェッドバターとは、牧草飼育の牛乳からできたバターのこと。(バター臭さが全くしないんです。)

このバターをミキサーで溶かし混ぜた「バターコーヒー」をよく飲んでいます。

グラスフェッドバターは、腸内環境を整える「酪酸菌(らくさんきん)」を一般的なバターよりも多く含み、善玉菌を増やす働きをします。

バターコーヒー以外にも、普段の料理やディップにするなど大活躍しています。

3. エクストラヴァージンオリーブオイル

エクストラヴァージンオリーブオイルの主成分はオレイン酸。

オレイン酸は腸の正常な働きに欠かせません。

小腸を刺激して便通を促したり、腸内を掃除したりしてくれます。

サラダにかけるだけでなく、何にでもかけて食べています。

4. コンブチャ(紅茶キノコ)

ベジスマでもレッスンをしているハリウッドセレブの間でもブームとなったコンブチャ!

甘い紅茶を酵母や乳酸菌で発酵させたプロバイオティクス(身体に良い影響を与える菌)飲料で、そのまま飲むこともできますし、炭酸などで割っても本当に美味しいんです。

コンブチャの生きた菌のおかげで消化促進、便通がよく、いつもお腹はすっきりぺたんこです。

5. 生はちみつ

一般的な「はちみつ」は高温処理をされているので、オススメしません。

「生はちみつ」はその名の通り高温処理はされていません。

生はちみつには、整腸作用が期待できるグルコン酸が含まれ、大腸まで届くとビフィズス菌を増やすと言われています。

はちみつディッシャーなどですくってそのままペロリと食べたり、甘味料としてたっぷり使用したりしています。

腸内環境を整えるのが、美容にも、ダイエットにいいと分かっているけど、何から始めればいいかわからないですね。

上記の5つのオススメ食材で、腸内細菌バランスを整えてみてはいかがでしょうか。